日経不動産マーケット情報トップ日経不動産マーケット情報・目次 > 記事(前のページ)

[最新号目次]

2014年8月号

JR九州と三菱地所系私募REIT、二番町の大型ビルを取得

特集

[限] 名古屋の不動産投資市場 名駅で100億円台の大型取引、オフィスの利回りは5%台後半

名古屋市中心部ではオフィスビルの取引が活発化しつつある。名駅(めいえき)地区では100億円を超える売買も成立。アベノミクスによる景気浮揚効果が、ようやく名古屋の不動産投資市場にも訪れた形だ。先行して投資が上向いていた賃貸マンションとともに、オフィスの期待利回り低下が進む。名古屋駅前の大量供給を来年以降に控えながらも、今のところ投資市場は堅調に推移している。[PDF]

オフィス市況トレンド

[限] 成約賃料調査 緩やかな上昇トレンドを継続、坪2.5万円のビルに値ごろ感

本誌が東京、神奈川、大阪のオフィスエリア28カ所を対象として、四半期に一度実施しているオフィスビル成約賃料調査。2014年6月末時点で、大規模ビルの成約水準が半年前と比べて「5%以上上昇したエリア」は11カ所、「変動率5%未満の横ばい」は17カ所で、「5%以上下落」はゼロだった。ただし、上昇したエリアでも10%超は八重洲・京橋・日本橋と品川駅周辺の二つしかなく、全体では小幅な上昇にとどまっている。[PDF]

企業移転ニュース ヤフーが紀尾井町プロジェクトに、電通デジタルが銀座松竹に集約

売買事例分析

4月~6月の動向 市況回復は踊り場に、存在感を増す私募REIT

売買レポート

  • JR九州と三菱地所系私募REIT、二番町の大型ビルを取得
  • 溜池交差点近くの大型オフィスビル、積水ハウスが740億円で
  • ゴールドクレストが取得、住友生命などから
  • 総合地所投資顧問が取得、表参道裏の店舗を米プルデンシャルから
  • 日本橋本町のオフィスビル、三井不動産が取得
  • ゴールドマンのマンション7棟、大和証券系の私募REITへ
  • 虎ノ門ヒルズ隣接ビルを森ビルが取得
  • 南麻布と大阪・北浜のオフィスビル、大和証券オフィス投資法人が取得
  • サンケイビルが都内2物件をオフィスとマンションに建て替え
  • 明和地所から取得、ツカモトコーポレーション
  • 東急リアルが87億円で店舗を売却、利益は既存資産の修繕費に
  • 英プルーデンシャル系のM&G、大阪・福岡で対日投資第2弾
  • 独Unionが5年半ぶりの対日投資、神宮前の店舗・オフィスビルを取得
  • ジャパン・ホテル・リートが68億円で札幌のホテルを取得
  • 三井住友トラスト不動産が都内のマンション3棟を取得
  • 東急不動産の私募REITが取得、勝どきのタワーマンション ほか

売買事例一覧 110件

直近3号分は日経不動産マーケット情報のトップページまたは画面右側の「売買事例一覧」からご覧いただけます。過去の売買事例データは、日本最大級の事業用・投資用不動産取引データベース、DEAL SEARCH(ディールサーチ)に収録しています。

ダイジェスト――開発、戦略、経営、注目レポート

  • 丸紅が私募REIT参入、5年で2000億円規模へ
  • 高い市場成長率が期待できるヘルスケア施設 ほか

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップ日経不動産マーケット情報・目次 > 記事(前のページ)