日経不動産マーケット情報トップ日経不動産マーケット情報・目次 > 記事(前のページ)

[最新号目次]

2014年9月号

528億円で敷地を売却、ソニー生命の完全所有に

特集

[限] 賃貸用大型物流施設の開発動向 15年に首都圏で過去最多供給、関西圏では今後3年で10棟

賃貸用の大型物流施設開発が加速している。首都圏では一旦は落ち着いた新規供給が2015年に再び増加。過去最高を更新する見込みだ。ここ数年供給がなかった関西圏でも今後3年で10棟が竣工する。ただし、建設費高騰が一段と進んでおり、今後の新規計画案件では採算性悪化の懸念が高まってきた。[PDF]

トピックス

[限] 都心中規模オフィスビルの実態調査 4棟に1棟は旧耐震期の竣工、180社が4フロア以上を分割利用

近年、デベロッパー各社がブランド化を進めていることでも注目を集める中規模オフィスビル。都心5区にある中規模ビル1576棟を本誌が調査したところ、4棟に1棟が旧耐震基準の時代に竣工し、6棟に1棟が2011年以降に取引されていることがわかった。テナントには弁護士事務所、税理士事務所、クリニックなどが多く、立地エリアによる違いも鮮明になっている。[PDF]

売買レポート

  • 528億円で敷地を売却、ソニー生命の完全所有に
  • ダヴィンチの11棟を一括取得、グリーンオークが300億円で
  • 物流施設3棟を取得、ラサールがフォートレスから
  • ディズニーオフィシャルホテル、ヒューリックが300億円超で取得
  • 400戸超の大型マンション、ラサールがエートスから
  • 築地のサービスアパート、60億円強でシンガポール個人に
  • 住宅3棟を約50億円で、大和証券の私募REIT
  • 並木通りの開発種地、オンワードが1.2億円/坪で購入
  • 麹町で開発用地1500m2確保、本店再開発控える日本製粉
  • 2フロアを100億円で、太陽生命が森トラストから獲得
  • フォートレスがセキュアードから新橋のビジネスホテル
  • 延べ床2.7万m2のオフィスビル、ケン・コーポが8割を取得
  • 江戸川と横浜の拠点を高島屋が100億円超で売却
  • ケネディクス・オフィスが売却損、千里のリファイナンスで資金を回収
  • 広尾の高級賃貸を34億円で三菱地所レジが香港HKRから
  • 野村不動産と香港HKR、六本木で住宅開発へ
  • 賃貸マンション3物件、ゴールドマンが売却 ほか

売買事例一覧 119件

直近3号分は日経不動産マーケット情報のトップページまたは画面右側の「売買事例一覧」からご覧いただけます。過去の売買事例データは、日本最大級の事業用・投資用不動産取引データベース、DEAL SEARCH(ディールサーチ)に収録しています。

オフィス市況トレンド

企業移転ニュース アキレスが新宿フロントタワーに、大手町1-1計画A棟に法律事務所

ダイジェスト――開発、戦略、経営、注目レポート

  • セキュアードが債権1000億円買収、PAGブランドで新ファンド組成も
  • 賃料反転の目安は本当に空室率5%? ほか

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップ日経不動産マーケット情報・目次 > 記事(前のページ)