日経不動産マーケット情報トップ日経不動産マーケット情報・目次 > 記事(前のページ)

[最新号目次]

2015年5月号

388億円で持分取得、ゴールドマン・サックス

特集

[限] MIPIM特派報告 IT革命は敵か味方か、業界を揺るがす米国からの風

今年も南仏カンヌで開催された世界最大の不動産コンファレンス、MIPIM(ミピム)。不動産業界の景気バロメーターともいえる参加者数は金融危機後で最多。日本からの出席者も過去最高となり、市場センチメントの回復ぶりを印象付けた。遠のいたユーロ危機に代わり会場の話題を席巻したのが、不動産分野でのIT革命だ。[PDF]

オフィス市況トレンド

[限] 成約賃料調査 大規模ビルへの移転がやや鈍化、拡張が増加するも賃料は横ばい

四半期に一度、東京、神奈川、大阪のオフィスエリア28カ所を対象に実施しているオフィスビル成約賃料調査。2015年3月末時点で、基準階床面積300坪以上、築10年程度の大規模ビルの成約水準が半年前と比べて「5%以上上昇したエリア」は4カ所、「変動率5%未満の横ばい」は24カ所、「5%以上下落」はゼロだった。「5%以上上昇したエリア」は、前回12月末調査時点では10カ所だったが、今回は半数以下に減少した。[PDF]

企業移転ニュース ディズニーが虎ノ門ヒルズへ、住不秋葉原に新生銀行グループ

売買事例分析

1月~3月の動向 売買高は1兆4000億円、金融危機後で最高を更新

売買レポート

  • 388億円で持分取得、ゴールドマン・サックス
  • 今治造船グループ、250億円で銀座の店舗ビル取得
  • 延べ床3万m2を共同取得、ケネディクスとラサール
  • 三井不レジが土地4100m2を取得、街区全体を確保してマンション開発
  • 芝公園の新築オフィス、三井不動産から東急不動産へ
  • 商業施設を110億円で取得、ケネディクス商業リート
  • 370億円で4物件、ジャパンリアルエステイトが取得
  • マンション用地1万1000m2、名鉄不動産が100億円で
  • 野村不動産などが取得、アップルが研究施設を計画
  • NTT都市開発、ヴェロックスから原宿駅前の大型物件
  • 明治HDが329億円で売却、再開発ビルの持分50%
  • 複合ビルの持分50%を取得、ケネディクス・プライベート
  • 御堂筋沿いのオフィス、森トラスト総合リートが101億円で
  • 日本リート投資法人出資のSPC、GEなどから4棟
  • オフィス・住宅複合ビル、1年強でBlackRockが売却
  • 住友商事系の私募REIT、4物件で運用開始 ほか

売買事例一覧 173件

直近3号分は日経不動産マーケット情報のトップページまたは画面右側の「売買事例一覧」からご覧いただけます。過去の売買事例データは、日本最大級の事業用・投資用不動産取引データベース、DEAL SEARCH(ディールサーチ)に収録しています。

ダイジェスト――開発、戦略、経営、注目レポート

  • 常和が社名をユニゾに変更、3年で保有資産5000億円超へ
  • アジア資金が国内の不動産取引市場をけん引 ほか

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップ日経不動産マーケット情報・目次 > 記事(前のページ)