PR

フルモデルチェンジを施したキッチンが、相次いで市場に投入されている。キッチン専業メーカーもラインアップを拡充し始めた。いずれもエンドユーザーのニーズにより的確に応えるための工夫をこらしている。背景には、キッチンを採用する際の主導権をエンドユーザーが握る割合が年々高まっていることがある。エンドユーザーが製品選びの鍵を握るだけに、各メーカーとも訴求力の高い新製品をアピールすることに余念がない。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料