PR

さらに写真で見る嵐山カントリークラブハウス

1階フロント。トップライトから光が落ちる。右手に事務室があり、左手にクラブ会員のスペースが続いている (写真:倉方 俊輔)
1階フロント。トップライトから光が落ちる。右手に事務室があり、左手にクラブ会員のスペースが続いている (写真:倉方 俊輔)

1階フロント。天井の一部を落とし込んで、親密感を生み出している (写真:倉方 俊輔)
1階フロント。天井の一部を落とし込んで、親密感を生み出している (写真:倉方 俊輔)

1階廊下。間接照明によって、光の濃淡が生まれている (写真:倉方 俊輔)
1階廊下。間接照明によって、光の濃淡が生まれている (写真:倉方 俊輔)

1階と2階をつなぐ階段。段板と手すりの構成も流動感を高める (写真:倉方 俊輔)
1階と2階をつなぐ階段。段板と手すりの構成も流動感を高める (写真:倉方 俊輔)

階段見上げ。さまざまな方向から、人工と自然の光が交錯している (写真:倉方 俊輔)
階段見上げ。さまざまな方向から、人工と自然の光が交錯している (写真:倉方 俊輔)

屋上に面した上部開口から階段に光が落ちる (写真:倉方 俊輔)
屋上に面した上部開口から階段に光が落ちる (写真:倉方 俊輔)

2階の食堂。屋根の高さをずらし、間から外光を取り込んでいる (写真:倉方 俊輔)
2階の食堂。屋根の高さをずらし、間から外光を取り込んでいる (写真:倉方 俊輔)

照明器具も円と直線を組み合わせたデザイン (写真:倉方 俊輔)
照明器具も円と直線を組み合わせたデザイン (写真:倉方 俊輔)

2階の女子トイレは1981年に新設された。以前からあったガラスブロックを生かした明るい室内 (写真:倉方 俊輔)
2階の女子トイレは1981年に新設された。以前からあったガラスブロックを生かした明るい室内 (写真:倉方 俊輔)

ずらした2階屋根の間に70cmほどの隙き間が空いている。潜り込むと、ガラスの向こうに食堂がのぞける (写真:倉方 俊輔)
ずらした2階屋根の間に70cmほどの隙き間が空いている。潜り込むと、ガラスの向こうに食堂がのぞける (写真:倉方 俊輔)

照明装置付きトップライトが並ぶ屋上の壮観は、竣工時から変わらない (写真:倉方 俊輔)
照明装置付きトップライトが並ぶ屋上の壮観は、竣工時から変わらない (写真:倉方 俊輔)

中央に談話室の天井部分が見える。右側には階段室と給水塔の円筒 (写真:倉方 俊輔)
中央に談話室の天井部分が見える。右側には階段室と給水塔の円筒 (写真:倉方 俊輔)