PR

 エーレスンド海峡に面し、天候次第ではデンマークが望めるスウェーデン南部の都市、マルメから北に10kmほどのところにロンマ(Lomma)という自治体がある。人口は2万人足らず、スウェーデンにある290の自治体の中では小さめで、のどかな穀倉地帯が広がっている。東には学園研究都市、ルンドがある。

 街の中心と思われるバス停の周辺にスーパーがあり、数軒の専門ショップが軒をシェアしている。少し歩いて行くと、平屋の住宅が並ぶ一角に集合住宅と変わらぬ風の庁舎が見える。久し振り訪ねる田舎の風情に、ああ、いいなあとつぶやいていた。

 幅の狭いホイエ川がエーレスンド海峡にそそぐ河口に面して、昨年のクリスマス前に1200m2、総工費6億円のロンマ図書館が竣工している。

ヨットハーバーに面して建つロンマ図書館 (写真:武藤 聖一)
ヨットハーバーに面して建つロンマ図書館 (写真:武藤 聖一)

白いファサードにロンマのロゴが鮮やか (写真:武藤 聖一)
白いファサードにロンマのロゴが鮮やか (写真:武藤 聖一)

道路側から見る図書館の全景 (写真:武藤 聖一)
道路側から見る図書館の全景 (写真:武藤 聖一)

 「壁材に使用している高熱亜鉛プレートは耐久性が抜群できれいであることを、クライアントに納得させるのに結構時間を要しました。スウェーデンでは一般的な建築資材ではないですから」とデザインした建築家のヘンリック(Henrik Jais-Nielsen)さん。

コンクリートの表面を覆っている高熱亜鉛メッキしたプレートのディテール (写真:武藤 聖一)
コンクリートの表面を覆っている高熱亜鉛メッキしたプレートのディテール (写真:武藤 聖一)