PR

晩秋のニューヨークは日照時間が極端に短くなる。今年の滞在での最後の取材のため、まだ夜が明けない朝の6時45分ころから地下鉄42丁目駅を地上に出た6番街の交差点に立っていた。広報担当のDan Schwartz氏を待っていたとき、思いもよらない光景を目にした。コーヒーカップを手にしてタクシーから降りてくる人が結構いる。すべてがネクタイをしているわけではないが、ビジネスマン風の人たちが大勢、完成したばかりの超高層ビルに、吸い込まれるように足早に入っていく。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料