PR

 驚異的な“軽さ”が伝わってくる建物だ。しかし、薄い壁には似合わず、仕上げは石張り。鉄骨造の建物の下には大きな地下空間が存在する。コンペで設計者に選ばれた乾久美子氏(乾久美子建築設計事務所代表)は「重厚になりがちな石を使いながら、軽く・薄くして重厚さを中和した。都市と公園の狭間に建つ特殊な立地と、様々な与条件を生かした」と話す。

建物を北西側から見る。外壁の石は、南東側(写真で後ろに見える)に建つ日生劇場の質感や色合いを意識して決めたという(写真:柳生 貴也)
建物を北西側から見る。外壁の石は、南東側(写真で後ろに見える)に建つ日生劇場の質感や色合いを意識して決めたという(写真:柳生 貴也)

 建物は日比谷公園(東京都千代田区)内に建つ。老舗花屋の旗艦店を建て替えた。所有者は東京都だ。1950年の出店当時、都知事の要請で同公園内に店を構えた経緯がある。都からは、地下1階・地上1階の鉄骨造だった既存の建物にならうこと、高さや面積も既存建物と同等ないしはそれ以下とすることなどが求められた。外壁の仕上げは建て主の要望で石張りにすることが決まっていた。

 乾氏は、既存店舗の屋上を含む最高高さ7.5mを維持したまま、建築面積約100m2を5棟に分節するプランを提案した。高い階高を生かして四方を大きなガラスの開口部とし、天井の存在を意識させない開放的な空間を計画した。日本生命日比谷ビル(日生劇場)をはじめとする周辺のビル群をミニチュア化したかのような“風景”を創出することも意識した。

 各棟の四隅に、オリジナルで製作したL字型断面の鉄骨を設置。その鉄骨を、1階床の鉄筋コンクリートの梁に埋め込む剛接合とすることで、壁のように薄い柱で建つ構造が実現した。総厚167mmの石張りの壁柱に、配管や配線も納めている。

 構造設計者の岡村仁氏(KAP・空間工学研究所代表)は、「階高が高いので風の影響も大きく、ピン接合のように上部で留めるだけでは抑えきれない。床部分で固める、この選択肢しかなかった」と振り返る。