PR

東西ドイツの統合から早いもので20年が経過し、昨年は節目を祝う多くのイベントでメディアが賑わった。ベルリンの壁の崩壊直後、娘を連れてバルト海をカーフェリーで渡り、塀の一部を土産にとベルリンまで行った。しかし、打ち砕くのに十分なハンマーを持ち合わせていなかったため、狙ったほどのビックサイズのコンクリート片はスウェーデンまで持ち帰れなかった。ほろ苦さを今でも思い出す。以来、世界中の建築家たちが競演し合い、変身していく街の景観には、他の成熟都市には見られないアトラクションがあった。2001年に竣工し話題をまいたソニーセンターのあるポツダム広場付近も、最近ではすっかり落ち着きを取り戻している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する