PR

 EU本部があるベルギーの首都、ブリュッセルでは二言語が併用され、フランス語系とオランダ語系に分かれている。今回紹介するBRONKSは、オランダ語系のフラマン語を日常会話とする市民を対象にした子供劇場である。ブリュッケール広場の西側、聖カトリーヌ教会の北側のショップや住宅が雑居する旧市街の一角、通称豚マーケット広場に面している。この辺りが言語圏の境界らしい。

子供劇場のファサード (写真:武藤 聖一)
子供劇場のファサード (写真:武藤 聖一)

 「劇場建設の決定と同時にアイデアを提案し、敷地の選択、建築の認可、施工主の選択などに時間を要した。工事自体は7年間だったが、トータル16年間の長い戦いであった」と建築家のMartine De Maeseneer氏はホッとした表情で語る。

 総延床面積3500m2、座席数189の機能的にコンパクトに設計されたガラス張りのファサードをもつ劇場だ。総工費750万ユーロ(約10億円)をかけ2009年3月に竣工、こけら落しの公演があった。