PR

 ストックホルムの南西に位置し、市内からだと車で20分ほどのところに人口8万人のボートシルカ市(Botkyrka)がある。1970年代初頭の首都圏拡大とともに地下鉄沿線に開発されたアルビーセンターには、高層マンションが建ち並ぶ。2009年のクリスマス前、その一角に、従来の幼児・保育施設とスタイルの異なるプレスクールウッグラン(Ugglan)がオープンし話題となった。

高層マンションが建ち並ぶ一角に新築されたプレスクールウッグラン (写真:武藤 聖一)
高層マンションが建ち並ぶ一角に新築されたプレスクールウッグラン (写真:武藤 聖一)

アルミで覆われた外壁にはマキシマムに窓枠を設計。施設に透明感がある印象を与えている (写真:武藤 聖一)
アルミで覆われた外壁にはマキシマムに窓枠を設計。施設に透明感がある印象を与えている (写真:武藤 聖一)

 9200m2とかなり広大な敷地内に5000万クローネ(約6億5000万円)をかけ、アルミのプレートで覆って窓枠を大きく開放的にした平屋の建物だ。設計主任は3do arkitekterの女性建築家アミ・カツ(Ami Katz)さん。