PR

解答と問題2

(再掲載)問題1 家を売買するときに最も価格に影響を与えるのはどのようなことだと思いますか?

 a 売買当事者の心理や置かれた状況 ―― 10点(30%)
 b 不動産業者のブランド力 ―― 3点(3%)
 c チラシの配布枚数と色合い ―― 3点(0%)
 d 販売市況 ―― 3点(66%)

 ※平均5.1点 カッコ内は回答者の選択割合

 どれも価格に影響を与えますが、最も大きいのがそのときの「売買当事者の心理や置かれた状況」です。ちょっとした違いで数百万円ほど価格が異なってきます。家を見て「とても欲しい!」という気になったけど、少し値引きをしてもらおうと考えたとします。そのときに、同時に見に来ていたほかの人もボソッと「ここ買おうかしら」とつぶやいたのが聞こえたとしたら・・・。おそらく値引き要求は引っ込めるはずです。同じようなことはどこにでもあります。不動産は物として見えますが、意外にも当事者の心理で決まるものなのです。


問題2 家を見学している買い手が「買う!」と決めるのはいつごろ?

 a 家を見終わるまで
 b 家を見終わり営業マンの説明があってから
 c 営業マンの説明が終わり決断を迫られてから
 d 帰宅して1週間以内