PR

知っているつもりで知らなかった情報も多かった

 では、全300題に回答し続けたなかで「印象に残った設問」はあっただろうか。この質問に対する回答を見ると、「知っているつもりで知らなかった情報」の設問を挙げる声が多かった。「すまいダービー」にトライしたことで、何らかの気づきや発見があったようだ。以下、該当する設問(選択肢のカッコ内は配点)とともに各コメントを紹介する。

2014年9月の長月杯第3レースから

Q 大工さんに求められる資質とは?どんな人が向いている?
 a 先を読む力(6点)
 b 粘着質・執着がある性格(10点)
 c 几帳面さ(5点)
 d 器用さ(3点)

「大工さんの気質や付き合い方に関する設問。自宅をリフォームしたときの棟梁さんとぴったりで、もっと早く知っておけばよかったのにと悔しい思いをしました」

「大工さんの仕事は本当に家のかかりつけ医のようなものだと感じました」

2014年10月の神無月杯第2レースから

Q リフォーム経験者333人に聞きました。リフォーム工事の際、工事会社の近隣への説明やあいさつに満足している人はどれくらい?
 a 1割(0点)
 b 4割(0点)
 c 6割(10点)
 d 9割(0点)

「神無月杯 第2レースの問題。データからの出題で、答えを見て自分の感覚とのズレが興味深かったです」

2014年8月の葉月杯第3レースから

Q 住んでいる人の気分にも影響を及ぼす怖ーい「湿気」。その対策で有効なのは?
 a 換気扇を「強」で回しながら料理する(5点)
 b エアコンの冷房をつけっぱなしにする(0点)
 c 入浴後、浴室のドアを開けて浴室内を乾かす(0点)
 d 窓を頻繁に開け放して風通しを良くする(10点)

2015年1月の陸月杯第2レースから

Q 住宅の雨漏りや水漏れが多い箇所はどこ?
 a 屋根(3点)
 b 外壁(10点)
 c 窓やドア(5点)
 d 排水管のまわり(2点)

「住宅の調湿に関する質問。自宅を建てたときに関心があったため」