PR

前回の連載で、日本の住宅の実情に合ったパッシブデザインについて解説しました。今回は、実際のプランニング手法を紹介します。松尾設計室の松尾和也さんは、パッシブデザインを考えるための図面には、方位と境界線が欠かせないと言います。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い