PR

高断熱・高気密に取り組む設計事務所や工務店が増えています。そんな状況下でもパッシブデザインの視点が抜けがちなことを、松尾設計室の松尾和也さんはこれまでの連載で伝えてきました。今回は、なかでも特に見逃しやすい設備としてレンジフードを取り上げます。(編集部)

 一般的な住宅の床面積は120m2(36.3坪)程度です。実際、一次エネルギー消費量に関する国のモデルプランも120m2で考えられています。天井高さの平均が2.5mだとすると容積は300m3、建築基準法における24時間換気システムの0.5回の換気量は150m3/hとなります。

 しかし、大半のレンジフードの「強運転」の換気量はなんと400~600m3にもなります。24時間換気システムのちょうど3~4倍に匹敵します。

 ここで、一般的な24時間換気システムによってロスする熱量を計算してみます。

内外1℃差あたりの換気による熱損失量=0.34(定数)×150m3=51W/K

 この値を床面積で割ると「51÷120=0.425」となり、これが熱損失係数(Q値)のうちの換気による熱損失分ということになります。例えばQ値2.7の建物だとすると、「2.7-0.425=2.275」が換気以外の熱損失分ということです。

 レンジフードは、24時間換気システムのようにずっと稼働していないのでややこしいです。また、家庭によっても利用時間がかなり異なります。

 そこでJIS C9921-2にレンジフードの使用時間が規定してあるので、それを使うことにします。1日6.6時間です。個人的にはそんなに使う人はいないと思いますが、今回はこれに従うこととします。

 運転時は「強」とは限らないので、強の中でも最も弱めの400m3で計算してみます。ただし、1時間の平均値を計算することとします。

内外1℃差あたりの換気による熱損失量=0.34(定数)×400m3×6.6/24=37.4W/K

 Q値として計算すると「37.4÷120=0.31」になります。Q値0.31といえば、省エネ基準の気候区分で一地域分違ってくるのと同等です。具体的には東京と仙台くらいの差です。

 しかも、これは1日の平均です。実際に使っている6時間に限定して考えると、レンジフードを使っている6.6時間の間、Q値は「0.34(定数)×400÷120=1.13」も悪化していることになります。