PR

国土交通省は2月23日,同省の営繕工事において“第三者”工事監理をスタートさせることを発表した。“第三者”工事監理とは設計業務受託者とは異なる者が工事監理業務を行うこと。今後は,原則として同省が取り結ぶ工事監理業務委託契約では第三者工事監理となる。工事監理業務を受託できる者は「建築関係建設コンサルタント業務」の有資格者。同省が指名競争入札で選ぶ。もちろん,設計業務受託者が指名されることは原則としてない。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)