PR
 11月24日,静岡県清水市にある日本平運動公園球技場(日本平スタジアム)で,試合開始直前の午後3時ごろ,2階観客席部分のモルタル板が1階観客席に落下し,女性一人が負傷した。落下したモルタル板は,長さ50cm×幅25cm×厚さ2cmで,重さが6kgに及ぶ。

 モルタル板がはく落した2階席は,94年から95年にかけて増築した部分で,鋼棒で緊張したプレキャスト部材を採用していた。今回落下したのは,鋼棒を納めたスリーブ端部のくぼみを覆っているモルタルだった。建物を所有する清水市では,落下した部分と同じ納まりになっている残り21カ所のモルタルを26日までに撤去するとともに,落下原因の調査を進めている。

 また,今回の事故を受けて,Jリーグでは「このような事故を二度と起こしてはならない」として,所属する28のJクラブにホームスタジアムの安全確認を要請。結果を事務局に報告するよう求めた。

(桑原 豊/日経アーキテクチュア編集)