PR

 阪神大震災で被災した分譲マンション「グランドパレス高羽」の建て替え決議に反対し、補修を求める区分所有者が決議の無効確認などを求めた訴訟で、最高裁第三小法廷は6月24日、上告を棄却する決定をした。震災から8年半、控訴審判決から3年も待たされての「門前払い」に補修派の住民は抗議を唱える声明を出した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料