PR

 帝国データバンクは、原油や素材の価格上昇による仕入れ値の上昇を販売価格に転嫁できているかについて、9月21日から30日まで様々な業種の企業を対象に調査を実施、9570社から回答を得た。
 集計結果のうち、「十分には転嫁できていない」という回答の割合を業種別に見ると、「建設」の84.6%は、「製造」の87.9%、「運輸・倉庫」の86.4%に次いで高い割合だった。一方、「不動産」は56.8%で、「金融」の34.4%に次いで低かった。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)