PR

 製材品の柱や梁の断面寸法が現場に搬入された段階で図面に記入されたものより不足しがちになる問題は、これまでもたびたび指摘されてきた。契約文書である設計図書の寸法を満たしていないと、「許容誤差を±○mmとする」とか「ひきたて寸法である」というように特記して施主の了解を取り付けておかない限り、債務不履行になる可能性が高い。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)