PR

 日本各地で近年、「環境学習」が盛んに行われている。しかし、その指すところの多くは自然や地域、人間、あるいは情報といった環境を題材とした学習だろう。いわゆる「人工環境」(built environment)の学習については、一般にまだその必要性すら広く認知されるに至っていない。一方、欧米へ目を向ければ、歴史・文化的な側面から人工環境に対する意識は高く、その教育用の絵本やおもちゃなども質量ともに注目すべきところがある。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する