PR

構造計算書偽造事件で建築基準法違反などの罪に問われていた元一級建築士、姉歯秀次被告に対し、東京地裁は12月26日、求刑通りの懲役5年、罰金180万円の実刑判決を言い渡した。一方、姉歯被告から名義を借りて無資格で設計・監理を行ったとして建築士法違反の罪に問われた建築デザイナー、秋葉三喜雄被告の判決は、懲役1年2カ月、執行猶予3年とされた。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する