PR

 スイスの時計メーカー、スウォッチの海外法人本社ビルの第1号となる。地上階アトリウムに7つのブランドのショールームを配置、ショールーム自体がガラス張りのエレベーターとなり、低層部各階のブティック本体に直通する。上層階には本社のオフィス機能を配した。大規模な屋内緑化と、大型ガラスシャッターの採用による開放性で、銀座に垂直の公園を出現させる。上層階の床を主体構造と切り離し、床自体の質量をマスダンパーとするSMD(Self Mass Damper)構造を採用して耐震性を確保している。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い