PR

 世界最大手の時計メーカー、スウォッチ グループ初の海外法人本社ビルとなる「ニコラス・G・ハイエック センター」が今年5月、東京・銀座にオープンした。幅8m、四層吹き抜けの大型ガラスシャッターを開放し、外部空間と大胆につなぐ構想だが、坂茂建築設計のコンペ案ではシャッターは左右2枚に分かれていた。既成のシャッターの規格から、4m幅が精いっぱいとの判断だった。これを1スパンで可能とする技術提案を示して、設備設計者に選ばれたのがガートナー ジャパンだ。大型ロビーの扉や飛行場のハンガーでの実績はある同社だが、本プロジェクトで要求された収納型のガラスシャッターは、ゼロからの開発となった。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い