PR

 AIA(アメリカ建築家協会)日本支部はこのほど、2007年AIA Japanデザインアワードの選考結果を発表した。14点の応募作からデザインアワードに佐々木龍一氏らの「Flamme(フラム)IGA COMPLEX」と日置滋氏(清水建設設計本部)の「清水建設技術研究所」を選んだ。

 Flamme IGA COMPLEXは、三重県伊賀市にある上野ガスのショールームで、料理教室、カフェを併設する。木製フレームで境界を設けることにより、ギャラリーやイベントホールとしても利用できる。視覚的にもわかりやすい構造で、周辺の環境に溶け込んでいる点が評価された。佐々木龍一氏、木津潤平氏、小堀哲夫氏の共同設計。

 東京・江東区にある清水建設技術研究所は、埋立地という不利な地盤環境において免震技術を用いて高い耐震性を持たせ、さらに柱のない広いスペースを確保している。環境に配慮したさまざまな取り組みに加え、技術とデザインを融合した設計が評価された。

 応募資格は、AIA日本支部の会員であること。審査委員は、カリフォルニア大学バークレー校助教授のデーナ・バントロック氏、石本建築事務所代表取締役会長の菅原道雄氏、建築家の長谷川逸子氏。審査委員の長谷川氏は「AIA建築家が日本とは別の観点から新しいデザインや価値観を提案し、実現されることを期待する」と述べている。

受賞作品は以下の通り。
<デザインアワード>
・Flamme IGA COMPLEX/佐々木龍一氏、木津潤平氏、小堀哲夫氏
・清水建設技術研究所/日置滋氏(清水建設設計本部)
<佳作>
・本郷のシェアードハウス/田中友章氏(フォルムス)
・ACUBE OFFICE/宮内智久氏(ISSHO建築設計事務所)

 Flamme IGA COMPLEX(写真:新良太)
Flamme IGA COMPLEX(写真:新良太)
清水建設技術研究所(写真:松岡写真事務所)
清水建設技術研究所(写真:松岡写真事務所)
<訂正>
11月27日の記事掲載時点で、「Flamme(フラム)IGA COMPLEX」の受賞者を佐々木龍一氏と記しましたが、AIA事務局の申し入れにより、受賞者名を追記しました。(12月3日15時00分)