PR

 1988年にオープンした現代美術館に、古美術展示室と美術品収蔵庫、カフェを新設する。既存棟に引き続き、黒を基調とする落ち着いた雰囲気の木造建築とした。古美術展示室のインテリアは書院造りから着想を得ており、展示品と建築空間の取り合わせも楽しめる。カフェは、現代アートと建物、周辺の緑を同時に感じられる位置に計画した。彫刻庭園と開放的な半屋外空間を同時に整備する。

既存棟の雰囲気を引き継ぐ古美術展示室/ハラ ミュージアム アーク 増築
既存棟の雰囲気を引き継ぐ古美術展示室/ハラ ミュージアム アーク 増築

所在地:群馬県渋川市金井 
発注者、事業者:原美術館
設計者:磯崎新アトリエ+鹿島
施工者:鹿島 
施工時期:5月
オープン時期:7月
階数、主構造:地上1階、木造・一部RC造
延べ面積:2816m2

※各項目は記事執筆時点の情報に基づいています