PR

 ワイナリーとしての効率を追求した形状にして、複雑なプロセスを合理化した。起伏のある地形を思わせるように道が建物の屋根へ登っているのは、収穫した葡萄をホッパーと呼ばれる器に直接投下できるようにするためだ。三つ葉状のデザインは、ワインづくりの工程を3つのコア機能に集約した結果、生まれた。樽とボトルセラーのあるウィングは半地下に埋めて熟成に適した環境を整える一方で、発酵工程のウィングは地上に露出させ、発酵時に出る二酸化炭素を排出できるようにしている。

この記事は有料会員限定です

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料

>>詳しくは

お薦めの有料会員向け記事


日経クロステックからのお薦め

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)