PR

 積水ハウスは、太陽光発電装置と燃料電池を標準装備した「CO2オフ住宅」の販売を4月3日から開始する。日常生活で排出されるCO2(二酸化炭素)量を抑制した上で、発電による削減効果で住宅のカーボンバランスをゼロにする目算だ。

太陽光発電装置と燃料電池を標準装備した「CO2オフ住宅」(資料:積水ハウス)
太陽光発電装置と燃料電池を標準装備した「CO2オフ住宅」(資料:積水ハウス)

 「CO2オフ住宅」は、次世代省エネルギー基準を約2割上回る高断熱・気密性を確保。さらにLED照明や高効率エアコンを採用することで、標準的な住宅と比べ消費電力を3割程度抑制できる。日常生活に必要な電力は太陽光発電装置と燃料電池でまかない、余剰電力は売電する。

 光熱費でみると、燃料電池によってガス料金がやや増加するが、電力の余剰分を差し引くと年間でも約5万円程度に抑えられる。1980年代に建てられた標準的な木造建築よりも約17万円安い。価格は、太陽光発電装置の導入分を含め、同社の標準的な仕様より1割程度高い。また燃料電池は、別に設置・保守費用が必要だ。

 同社では初年度50棟前後の供給を見込んでいる。