PR

(前のページから続く)

 2008年日本建築学会賞の論文賞、技術賞、業績賞は以下の通り(カッコ内は受賞者)。

【論文】
・建築空調システムの性能評価と省エネルギーに関する研究(赤司泰義・九州大学准教授)
・ミクロ解析による建物の換気・通風性能に関する一連の研究(赤林伸一・新潟大学教授)
・平安時代貴族住宅の研究(飯淵康一・東北大学教授)
・空間構造物の最適設計に関する一連の研究(大崎純・京都大学准教授)
・鉄筋コンクリート構造物のひび割れ制御を目的とした解析技術とその応用に関する研究(閑田徹志・鹿島技術研究所上席研究員)
・建物の寿命推計に関する研究(小松幸夫・早稲田大学教授)
・地域コミュニティを活用した持続的住環境管理システムに関する研究-建築協定地区を中心として-(鈴木克彦・京都工芸繊維大学准教授)
・高次モーメントによる構造信頼性評価法に関する研究(趙衍剛・名古屋工業大学准教授)
・拡散度法による床衝撃音遮断性能の予測に関する研究(橋本典久・八戸工業大学教授)
・柱の崩壊挙動を考慮した鉄筋コンクリート建物の耐震性評価に関する研究(芳村学・首都大学東京教授)

【技術】
・構造用合板を用いてフレキシブルに空間を創出する木造新構法の技術開発(陶器浩一・滋賀県立大学教授、岡田哲史・千葉大学准教授)
・集合住宅工事における建設資材の物流合理化手法の開発(土橋稔美・鹿島技術研究所上席研究員、荻原行正・鹿島建築管理本部次長、坂野弘一・鹿島建築工務部担当部長)
・自動油圧開閉機構を搭載した高性能制震オイルダンパの開発(山田俊一・鹿島小堀研究室長、田上淳・鹿島技術研究所上席研究員、栗野治彦・鹿島小堀研究室制震構造研究グループ長、松永義憲・鹿島技術研究所上席研究員)

【業績】
・職能としての劇場コンサルタントの確立と一連の業績(伊東正示・シアターワークショップ代表取締役)
・札幌モエレ沼公園の実現に関わる17年間の活動(川村純一・アーキテクトファイブ代表取締役、堀越英嗣・芝浦工業大学教授、松岡拓公雄・滋賀県立大学教授/アーキテクトシップLLC代表建築家、札幌市、イサム・ノグチ財団)
・大阪市立住まいのミュージアムの企画と活動(谷直樹・大阪市立大学教授/大阪市立住まいのミュージアム長、北山啓三・大阪市住まい公社理事長)
・求道会館・求道学舎の保存と再生事業(近角真一・集工舎建築都市デザイン研究所代表取締役、近角よう子・近角建築設計事務所代表、田村誠邦・アークブレイン代表取締役、渡邊保弘・文化財工学研究所代表取締役)

また、同時に発表された「2008年日本建築学会大賞」は以下の通り(カッコ内は受賞者)。
・建築構造物の設計用荷重ならびに構造安全性の研究と耐震技術の国内外における教育・普及に対する貢献
(和泉正哲・東北大学名誉教授/東北芸術工科大学名誉教授)
・都市環境工学の発展に対する貢献
(尾島俊雄・元早稲田大学教授/都市環境エネルギー協会理事長/職芸学院学院長)

<訂正>記事掲載時点で、業績賞の受賞者である松岡拓公雄氏の肩書きを「滋賀県立大学教授/アーキテクトショップLLC代表建築家」と記しましたが、「滋賀県立大学教授/アーキテクトシップLLC代表建築家」に訂正します。(2008年4月10日23時30分)