PR

 大臣認定構造計算プログラムコンソーシアム事務局は4月16日、NTTデータの構造計算プログラム「SEIN La CREA」(以下、SEIN)の試験的な利用を通じて挙がった意見・要望の一部を公開した。なかでも特徴的なのは、「膨大なページ数の計算書で偽装を見逃すことなく照合するのは事実上不可能だ」とする意見だ。大臣認定プログラムは2005年の構造計算書偽造事件を契機に見直しが進められた。NTTデータのプログラムは、約1カ月の試験利用を経た後に、改正建築基準法下で初の認定を取得した経緯がある。

この記事は有料会員限定です

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料

>>詳しくは

お薦めの有料会員向け記事


日経クロステックからのお薦め

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)