PR

 国土交通省は5月9日、「タイムシェア型住宅供給研究会」(委員長:浅見泰司・東京大学教授)を設立したと発表した。タイムシェア型住宅とは、複数の所有者が所定の期間、一つの住戸の権利を共同で保有するものだ。二つ以上の地域に居住する、マルチハビテーションを実現するための住宅供給方式として、タイムシェア型住宅を研究の目的としている。

この記事は有料会員限定です

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料

>>詳しくは

お薦めの有料会員向け記事


日経クロステックからのお薦め

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)