PR

 新日石は6月30日、CO2を削減する住宅用総合エネルギーシステムを事業化するため、「ENEOS わが家で創エネ」プロジェクトを発足した。2008年度中に、家庭用燃料電池や太陽光発電を組み合わせたモデルハウスを横浜市内に建設して、実証実験を行う。住宅本体の設計は、環境建築に取り組む小泉アトリエ(横浜市)が担当する。

 モデルハウスには、新日石が開発した家庭用燃料電池システム「エネファーム」、潜熱回収型石油給湯器「エコフィール」、潜熱回収型ガス給湯器「エコジョーズ」など高効率な石油・ガス機器を装備する。壁には新日石が開発した住宅用気密シートなどを用い、次世代省エネ基準を超える高気密・高断熱な住宅を実現する。

建設する住宅とエネルギー機器のイメージ図(資料:新日石)
建設する住宅とエネルギー機器のイメージ図(資料:新日石)

 こうしたエネルギーの効率利用や住宅性能の向上によって、CO2の排出量を90年比の50%まで削減する計画だ。さらに、太陽光発電モジュールで自然エネルギーも積極的に取り込んでいく。太陽光を利用した発電による削減効果を合わせて、CO2の排出をゼロにするのが最終目標だ。組み合わせた機器は、住宅内のコントロールパネルで制御し、発電量や使用量がひと目で把握できるシステムを設置する。

 今回のプロジェクトで開発する住宅用総合エネルギーシステムは2010年度の販売を目指す。価格は、省エネアイテムの組み合わせによって、70万~200万円程度の幅を持たせる予定だ。同社では、これに先駆けて08年度に三洋電機が製造する太陽光発電システムの試験販売、09年度には家庭用燃料電池の一般販売を開始する。