PR

 北京五輪のサッカー試合会場は、北京、上海、天津、瀋陽、秦皇島に合計6カ所ある。このうち天津と瀋陽の2つのスタジアムを設計したのは佐藤総合計画だ。いずれも同社が国際コンペで勝ち取った。「水滴」というニックネームが付けられた天津オリンピックセンタースタジアムを取材するため、北京から天津へ向かった。(日経アーキテクチュア8月11日号特集「北京再誕」24ページを参照)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になれば
今なら「綱渡りの楽天携帯」「Road to 6G」など
モバイル・通信関連記事が無料で読み放題!
12月22日まで
モバイル・通信関連のお薦め記事一覧

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

新庄野球を支える日本ハムの新球場に潜入! 五輪後のスポーツ施設を展望
IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中