PR

 大阪府摂津市と阪急電鉄は10月28日、国内初の「カーボン・ニュートラル・ステーション」を設置すると発表した。京都本線に新たに設置する摂津市駅でCO2(二酸化炭素)の排出量を実質ゼロにする。同市が進める「南千里丘まちづくり構想」の一環で、新駅は京都本線正雀駅と南茨木駅の間に設置する。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料