PR

 日本郵政と郵便局株式会社は12月5日、大阪市北区にある大阪中央郵便局敷地を含む再開発計画の概要を発表した。オリエンタルランドが運営する劇場や商業施設を備えた地上40階建ての高層ビルとなる。

 発表したのは隣接する西日本旅客鉄道の敷地と一体化した大阪駅西地区約1.3haの再開発計画だ。新しいビルは地下3階・地上40階建て。地上2階に歩行者用デッキを設け、JR大阪駅と結び付ける。

 低層部には大阪中央郵便局と商業施設、中層部には客席数約1700席規模の劇場をそれぞれ設ける。劇場の運営を手掛けるオリエンタルランドは、西日本で初めて施設を運営する計画だ。高層部は1フロア約3000m2を基準階としたオフィスとなる。設計は日建設計が担当する。早ければ2009年上期に着工し、12年の完成を目指す。

 現在、JR大阪駅前にある大阪中央郵便局は地下1階・地上6階建て。東京中央郵便局と同じ吉田鉄郎の設計で1939年に竣工した。建物の老朽化に伴い、日本郵政などが土地の高度利用を図る開発を検討してきた。


大阪中央郵便局敷地の再開発で生まれる新たなビルの完成イメージ(資料:日本郵政)

■建物概要
所在地:大阪市北区梅田3丁目2番
事業主:郵便局株式会社、西日本旅客鉄道
設計:日建設計
敷地面積:約1万2900m2
延べ面積:約21万3000m2
構造・規模:S造一部SRC造、地下3階・地上40階・塔屋2階建て
工期:2009年~12年