PR

2007年から08年にかけて、大手建設会社が手掛ける建設現場で、施工ミスが相次いで発覚した。07年11月には清水建設JVが施工を手掛ける千葉県市川市内のマンションで、鉄筋コンクリート製の柱の鉄筋不足が発覚。竹中工務店は東京都港区内で建設するマンションで鉄筋の仕様を、同世田谷区内で建設するマンションでコンクリートの仕様を、それぞれ誤った。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料