PR
 横浜市は2008年12月末、建築基準法に違反し、再三の指導を受けていたにもかかわらず、是正を怠った上でクリーニング業務を行い、火災を発生させた違反建築物の所有者に対し是正命令を、占有者に対して使用禁止命令をそれぞれ発令した。所有者は09年3月末までに、占有者は09年2月末までに違反を解消するよう命じられている。期日を過ぎても解消されない場合は、刑事告発などの措置もありうる。

行政処分を受けたランドリーフクハラの作業所 (写真:横浜市)
行政処分を受けたランドリーフクハラの作業所 (写真:横浜市)


 横浜市によると、違反建築物は横浜市港北区下田町にあるランドリーフクハラの作業所。この地域は都市計画法で第一種低層住居専用地域に指定されており、建築基準法では原則として住宅の建築だけが認められた場所だが、住宅と兼用で延べ床面積50m2以下であれば店舗などの建築も可能という。違反とされた作業所は鉄骨2階建てで述べ床面積は380m2。倉庫や事務所としても使用していた。

 横浜市によれば、作業所は1985年から稼働しており、当時から複数回にわたり是正指導をしてきたが改善されなかったという。2008年10月25日には火災が発生して半焼。占有者らが修復工事をしようとしたため、違反について再び指導したところ、半焼したまま継続して業務を行うなど近隣住民を不安にさせた。構造耐力上の問題もあることから、命令措置を講じることになった。

 所有者と占有者は横浜市の聞き取りに対し、「(建物が)建築基準法違反とは知らなかった」と説明したという。

半焼したランドリーフクハラの作業所の内部 (写真:横浜市)
半焼したランドリーフクハラの作業所の内部 (写真:横浜市)


<訂正> 初出時に「この地域は建築基準法で第一種低層住居専用地域に指定されており…」と書きましたが、都市計画法の誤りでした 。該当部分を訂正します(2009/01/06 13:55)。