PR

 日経ホームビルダー1月号の特集「エコ設備 省エネ住宅の本当の満足度」では、太陽光発電、エコキュート、エコジョーズなど人気のエコ設備を横並びで比較したうえで、満足した点や不満な点などについて建て主・プロ双方のナマの声を紹介している。ここでは、特集の一部を5回にわたって掲載する。

 家庭で消費されるエネルギーの25%が冷暖房、30%が給湯と言われている。給湯は冷暖房以上に省エネが必要な設備というわけだ。 

   電気もしくはガス給湯器で、省エネ性能の高さをアピールする主な製品には、ヒートポンプの原理を利用してお湯をつくり出す電気給湯器の「エコキュート」、潜熱を回収して再利用することで、従来型のガス瞬間給湯器のエネルギーロスを5%までに抑えた「エコジョーズ」などがある。

 これらの省エネ性能を比べるため、カタログからCO2削減量を抜き出した(下の表)。エコジョーズと比べると、エコキュートは2.7倍の削減量になる。エコジョーズが差を付けられた格好だが、この値はうのみにできない。エコジョーズの省エネ性能は、使用人数や使い方がどうであってもほとんど変わらないが、エコキュートは使用条件などにより変わってくるからだ。 

比較項目 エコキュート
(ヒートポンプ式電気給湯器)
エコジョーズ
(潜熱回収型ガス瞬間式)
 


コロナの「エコキュート」
(画像クリックで拡大)


ノーリツの「エコジョーズ」
(画像クリックで拡大)

設置費
(メーカー希望小売価格)
70万~80万円台
(タンク容量が300~370リットル、3~5人用)
40万円台
(給湯能力24号)
CO2削減量(年間) 従来型ガス瞬間式比
約650kgCO2 ※1
従来型ガス瞬間式比
約240kgCO2 ※2
性能 年間給湯効率(APF)3.0~3.5 給湯熱効率95%
(従来型ガス瞬間式は80%)
耐用年数 10~15年 約15年
保証・点検 本体は設置後2年間。コンプレッサーは3年、タンクは5年間無料保証 設置後約7年間はメーカーが無料保証
補助金 新築・既築・リースを問わず、1台当たり4万2000円の補助金を国が支給する。年4回の募集期間があり先着制。問い合わせは日本エレクトロヒートセンターなど。自治体によっても補助金を支給 1台当たり2万3000円、国が補助金を支給する。予算枠に達した時点で終了。問い合わせは都市ガス振興センターなど。自治体によっても補助金を支給

*1は4人家族、湯温を43℃、1日当たり給湯量421リットル、風呂保温(6.7MJ/日)で試算
*2は120m2の木造戸建て住宅、4人家族、年間給湯負荷17.1GJ、床暖房も使用しての試算
(写真:エコキュートは東京電力、エコジョーズは東京ガス)


 一例は、お湯の使用量が少なかったり、お湯の使い方が日によって不規則だったりして、タンク内にお湯が余る場合だ。エコキュートは、冷めたお湯を適温にするためのエネルギーが必要になる。

 東京電力販売営業本部の水谷知裕さんは、「エコキュートはファミリー世帯が使った場合に省エネ効率が最もよくなるように設計しているので、ファミリー世帯以外では効率が落ちる可能性がある」と話す。

日経ホームビルダー1月号の特集「エコ設備 省エネ住宅の本当の満足度」には、以上の内容のほか、無暖房住宅とQ1.0住宅の比較、09年4月に施行される改正省エネ法の方針なども紹介しています。