PR

 鹿島は、鉄筋コンクリート造建物のひび割れ誘発目地を幅1mm以下の切れ込みとする新目地工法を開発した。目地幅を細くすることで目立たなくするとともに、目地部分でひび割れが発生する確率を高める。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料