PR

 三井住友建設は、鉄筋コンクリート造の超高層マンションの構造体をすべてプレキャスト(PCa)部材とするフルPCa工法で、コストダウンを図った新工法「スクライム-H工法」を実用化した。柱や梁を別々のPCa部材として均等なサイズにすることで、施工効率を高めた。東京都武蔵野市に建設中の「武蔵野タワーズ」に採用している。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料