PR

大成建設は1月15日、高さ216mの新宿センタービルに長周期地震動対策を施す工事を報道陣に公開した。長周期地震動とは、周期が数秒のゆっくりした揺れが長時間続くもの。固有周期の長い超高層ビルが共振して大きな揺れが長時間続き、仕上げ材の破損、OA機器の転倒、エレベーターなど設備機能の停止といった被害が発生することが懸念されている。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料