PR

伝統的な建築技術を使って建てられた木造住宅を試験体とした実大振動実験が公開された。この実験に用いられた地震波は、阪神大震災で神戸海洋気象台が観測したもの(JMA神戸波)だ。大きな横揺れを受け、試験体は大きく揺れた。軸組みが変形して土壁を圧縮、それが壁構面の力の伝達要素となって、隅柱を引き抜いた。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料