PR

設計と並んで、建築士が行う独占業務として位置付けられている「工事監理」。建築士法第2条第7項では、その内容を「工事と設計図書の照合および確認」と定めているが、設計図書通りであることを確認するために、具体的に何をどこまで行えばよいのか――。一連の建築士制度見直しで、国土交通省は1月16日、「工事監理ガイドライン」の素案を公表。建築士法上の「工事監理」について、業務内容や実施方法を目安として示した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料