PR

 大林組は、積層ゴムなどを用いて大地震時に揺れやすくする免震建物でありながら、通常時の機械の振動や風では揺れない免震装置「ディスクダンパー」を開発。電子関連生産施設の事業継続性を高める技術として提案する。最初の採用事例となるディスコ桑畑工場新棟を広島県呉市に建設中だ。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料