PR

40歳以下の若手だけで競った六甲山上の展望台の設計コンペが、2008年12月15日に終わった。同コンペは、日本建築家協会(JIA)近畿支部と阪神総合レジャーが協力して主催した第1回JIA KINKI U-40 設計コンペティションだ。事業主は阪神電気鉄道で、2002年に解体した「回る十国展望台」の跡地に新たに展望台を建設する計画に対応したコンペだった。関西大学教授の江川直樹氏が、審査委員長を務めた。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料