PR

 東京都は2月16日、戸建て住宅や共同住宅における省エネリフォーム事例の選定結果16件を発表した。個別のリフォーム事例で11件、複合的なリフォーム事例で5件を選んだ。選定事例はすべてでリフォーム費用を示した。選考対象は、断熱性能や日射遮へい性能を向上するための改修を施し、省エネルギー化を実現したものだ。

 個別のリフォームでは、76万円をかけてアルミサッシの内側に樹脂製内窓や断熱型低放射複層ガラスを一日で設置した大信工業の事例などを選定。複合的なリフォームでは、二世帯住宅への改修の際、479万円をかけて窓や床に断熱材を充てんした住友林業ホームテックの事例などがある。

 坂本雄三・東京大学大学院教授が委員長を務める評価委員会が審査。選定したリフォーム事例は、JR新宿駅西口広場イベントコーナーで展示する。期間は、2009年3月10日~12日。入場無料。

 選定結果の詳細は、下記の画像をクリックすると確認できる。

個別の省エネリフォーム事例 (資料:東京都)

個別の省エネリフォーム事例 (資料:東京都)