PR
青山通りから見た複合商業施設「Ao(アオ)」。地下1階には、核テナントのスーパーマーケット「紀ノ国屋インターナショナル」が入居。1~3階には、ファッションブランドショップやカフェなど、4階には、スポーツショップとレストラン、5階には、水辺空間付きのレストランが入る(写真:日経アーキテクチュア)

 3月26日、東京・青山通り沿いに複合商業施設「Ao(アオ)」がグランドオープンした。約3300m2の敷地に、高さ約90mの超高層タワーと5層の低層部が建つ。延べ面積は約2万1900 m2。

 建物のデザイン上の特徴は、遠方からでもよく分かる超高層タワーの「くさび」形状だ。日影規制から決まった多面体の形態は、上部よりも足元が細いというユニークなもの。幅の異なるガラスを複数組み合わせたファサードは、ダブルスキン形式で、夜になるとLED照明によって全面がほのかに浮かび上がる。

 この超高層タワーと低層部に入る商業施設のターゲットは、「青山で生活する青山らしい人たち」。4月13日時点の店舗数は40。最終的には43店になる予定だ。

Ao(アオ)
所在地=東京都港区北青山3-11-7 
発注者=ダイショウ 
設計者=日本設計 
施工者=鹿島(建築) 
オープン=2009年3月26日(グランドオープン) 
構造・階数=S造・一部SRC造、地下2階・地上16階 
延べ面積=約2万1900 m2