PR

550万円という超低価格で目を引くのがアキュラホーム(東京都新宿区)の「新すまい55」だ。代表取締役の宮沢俊哉さんは、「まず550万円という価格を決めた」と話す。ターゲットはマンションの購入を検討する顧客層。マンションと競合する価格で提供できるよう、「土地代を合わせても、2000万円台で購入できる価格」を目標に、商品開発に取り組んだ。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料