PR

四川大地震の発生から5月で1年が経過した。被害を受けて使用できなくなった小学校は7000棟にも上り、子供たちは現在も、仮設プレハブ校舎での授業を余儀なくされている。地震発生後すぐに、北京で活動する日本人建築家の迫慶一郎氏が発起人となり、四川の子供たちに「日本の建材を使って耐震性の高い小学校を無償でつくる」というプロジェクトが始まった。日中の建材メーカー31社が参加している。現在、提供された建材が工事現場に到着し、重機も搬入され、工事が本格化する。8月末の竣工、9月の新学期からの使用を目指す。迫氏に、1年の活動の経過について聞いた。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

新庄野球を支える日本ハムの新球場に潜入! 五輪後のスポーツ施設を展望
日経BP デジタルサービス会員登録キャンペーン 新規登録会員(無料)になっていただいた方の中から抽選でAmazonギフト券(2,000円分×1万名、1,000円分×2万名)が当たる!
IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中