PR
DC12Vで駆動するLED照明システム
DC12Vで駆動するLED照明システム

 コクヨストアクリエーションは、直流(DC)12Vで駆動する商品陳列棚用LED照明システムを2009年7月1日に発売すると発表した。今回発売するLED照明システムは、LED照明器具の「LEDスティックライト」をはじめ、商品陳列棚に設置するDC12Vの直流給電システムの「SEレール」、交流(AC)100V電源からDC12Vに変換するACアダプタなどで構成される。

 LEDスティックライトは、従来の蛍光灯照明に比べて消費電力を約50%削減できる上、寿命を約5倍以上確保した。例えば、幅900mmの陳列棚(W900)向けの品種は、消費電力が13W、寿命が4万時間以上である。これに対して、W900用の一般蛍光灯は消費電力が23W、寿命が5000~8000時間だった。

 LEDスティックライトは、3種類の光源色(昼光色ND、昼光色EN、電球色EL)と、3種類の長さ(W600用、W900用、W1200用)をそれぞれ用意した。LEDスティックライトの価格は、W600用が9765円、W900用が1万3335円、W1200用が1万6800円である。2009年度は1億円の年間販売を目標としている。

 LED照明への給電には、樹脂を押出成型したSEレールを用いることを想定している。SEレールは陳列棚の奥の柱に垂直方向に固定でき、あらかじめACアダプタで直流に変換した12Vの電力をLED照明に供給することができる。SEレールは最大15Aまで電流を供給することができる。

 コクヨストアクリエーションは、LED照明器具や電子表示広告機器などを駆動できる直流給電システムを「Eレール」として2008年8月から販売している。今回、LED照明が加わったことで、同社では店舗向け陳列棚での直流化が2~3年以内に進むとみている。